【プロフィール】22年間読書嫌いだったぴんのすけの理念。読書で人生を変える人を増やしたい。

読書術

はじめまして、ぴんのすけです。

(普段何をしているか知りたい方はこちらからどうぞ!→1日10冊チャレンジ)

この記事では

私の自己紹介をさせていただきますね。

そして日本に少しでも多く
読書家を増やしたいと思って
ブログをはじめました。



ぜひ当ブログを楽しんで、
読書嫌いの人は読書好きに、
すでに読書家の方には、

読書モチベーションの糧にしてほしいと思っています。




で、突然なんですが、


なぜ私がそんなブログを始めたかというと、

ある時から
「読書を通して、1人でも多く人生が変わる人が増えたらいいな
という理念を抱いたからです。



とはいえ、

「えーっ?読書で人生を変える?嘘くさい!」
って、普通は怪しみますよねw

うーん、そんなあなたは正しい!

というか、そもそもアンタは一体どこの誰よ?
と思うかもしれないので、



↓まずは簡単にザックリと私のプロフィールを年表でまとめてみました。

  • 0歳:東京都に生まれる。

  • 6歳:小学校に上がるも勉強嫌いを発症、早々に授業をボイコット。その後すぐイジメが始まり、これが卒業まで続く。

  • 10歳:いよいよ本格的に勉強が周囲についていけなくなる。学校に登校しても教室に入らず屋上で一日中時間を潰す日々が続く。おかげで授業の進行を止まって、親がたびたび学校から呼び出しを受ける。ひどい依存気質と自己肯定不足で、この頃から性格が捻じ曲がり友達が完全にいなくなる。

  • 13歳:中学に進学するも、学校成績が下から数えて2番に。

  • 14歳:学校の勉強についていけず不登校。父親から「史上最低の馬鹿」と毎日怒鳴られる。その後、父親の家庭内暴力に耐えかねた母親と共に夜逃げ。

  • 15歳:転校するも不登校が治らず、高校受験は絶望的に。不登校のせいで逃亡生活1年で破綻して父親に連れ戻される学力的に合格できそうな高校がなかったため、試験用紙に名前を書けば受かる夜間高校へ入学。はちゃめちゃなヤンキー達に揉まれつつ授業中静かにするだけで成績がモリモリ上がる高校生活を送る。

  • 17歳:学校に通い昼間は郵便局で仕分けのバイトする日々を3年間送る。

  • 19歳:3年間のアルバイト代と内申のおかげで奇跡的に全日制の私立大学へ入学を果たす。しかし講義についていけず、一年生のうちから早々に単位を落としまくる。

  • 20歳:学費が足りず、ブライダルスタッフのアルバイトを始める。しかし肉体労働についていけず精神が不安定に。成績も落ちて学校の継続が怪しくなる。

  • 22歳:これまでの自分を振り返り、このままでは碌な人生を送れないと危機感を持つ。そんな中とあるキッカケに出会い、読書に目覚める。一冊の本を読み切ったことで自信を持ち、現在速読を学びながら空き時間に読書する毎日を送る。




と、こんな感じの人生です。



プロフィール読んでもらうとわかると思うのですが、
私は根っからの勉強嫌いで、意思が弱くて行動力も全然ない人間なんですね。


おまけに将来の夢もぜんぜん見えてないし、あったとしても叶える力がない。


「いつか優雅で楽しい生活をしたいな」とか、
「いつか自由になりたいな」とか、



そういうボヤ〜っとした願望はあるくせに

具体的な行動は起こさない。

結果も出せない。


いわゆる「口先だけ」の人間だったんです。




とはいえ流石にヤバかったので

一度だけ学校の成績をなんとかしようと

家族に相談したことがあります。



ですが、親に勉強用のドリルを買ってもらい
机に向かってさあやるぞ!

と意気込んでも、


最後には残ったのはビリビリに破かれたドリルと
苛立ちのあまり蹴破って、大穴が空いた壁だけ。



最終的には相談に乗って

ドリルまで買ってくれた家族から


そんなに嫌ならやめちまえ!!」



と怒鳴られるありさま。



勉強のできない自分と決別するため
現状の打開のために行動しても、

結果として得たものはなにもなかったのです。



勉強嫌いを克服しようと足掻けばあがくほど、

→自分を励ます

→行動する

→勉強嫌いで全ておじゃん

→更に勉強嫌いになる

→以下ループ…

どんどん自分への失望感が増していき、

ついには歩いても歩いても光の見えない
真っ暗なトンネルを彷徨っているような
感覚に陥りました。

読書嫌いが読書に目覚めるまで


”正しい読書”を知らない頃の私は、
自分の変え方もまるで知らず、

闇雲に行動しては誰かに迷惑をかけて
ふりだしに戻る。

を繰り返していました。


思い返せば小さい頃から、
親にも、祖父母にも、姉にも、


「あんた本読みなさい!」


と口酸っぱく言われてきたけど、

面倒くさがりで活字嫌いな私が
本を読むことなど
決してありえなかったのです。




“本を読むと頭が良くなる”

とわかっていても



絵のない本はつまらないし、
文字を眺めるだけで内容は頭に入らないし、
読んでも頭が良くなった実感は全然湧かないし、


1冊読むのに何時間もかけては
途中で飽きて投げ出す。



家族から渡されたベストセラーも
速攻で本棚のインテリアと化して
埃を被って積み重なるばかり。



無論、本屋の特集コーナーもまったくの無価値。



なにが書いてあるのかわからない。

なんの役に立つのかわからない。

中身難しいことばっかで何が面白いの?


という風に、

文字に触れれば触れるほど
本への苛立ちが加速するばかりでした。



もともと自分に自信がなかった私は
この読書アレルギーを前に、


私はなんてダメダメなんだ…

ってレベルで自己嫌悪に陥った時もあります。

そしてそのうち


本なんて読めなくたって人生このままで良いんだ!!


と開き直り、読書嫌いを治すこと自体をやめてしまいました。



なのに教養不足のコンプレックスを埋めようと、
漫画やネットの情報をかき集めては
自分の知識のように語って満足して

虚しい見栄を張るばかり。

そしていつからか私は
家族からも見放され
本当にひとりぼっちになっていました。



ここまで書いてあることは全部

ガチで人に話すのを迷うレベルの黒歴史なので
ブログに公開するのは本当に悩みました。



でも、そんな私にも
人生を変える
ある転機が訪れたのです。




その経験があったからこそ
私は勇気を出して自分のことを話そうと決めました。

とあるブログとの出会い


私が読書嫌いから抜け出せたキッカケは、
とある読書家のブログでした。


もともと自堕落に生活していた私は
ネットサーフィンで時間を潰すことが好きで、

その日も深夜になるまで

面白そうなブログを探しては
朝方になるまで読みふける
なんとも怠けた時間を過ごしていました。

そんな最中、


「速読で人生を逆転させた、元・読書嫌いのブログ」

というブログを発見しました。




読書で人生逆転?

そんなのあるわけないじゃん!


そう思いつつも
気になるので、期待半分で読んでみることに。



どうせ意識高い自己啓発系か
読書で資格とった記事ばっかなんだろうな…

と思った矢先、

私の期待値とは裏腹に、

その人がブログ内で掲げる
”読書の理念”が真っ先に目に止まりました。



「読書を極めれば、人生において。
恋愛、仕事、お金、なんでもうまくいくようになる」
「恋愛を極めたいのなら、恋愛書を読めばいい。
仕事を極めたいなら、ビジネス書を読めばいい。
お金が欲しいなら、金融の本を読めばいい。」
「人生がうまくいかないなら、
人生を豊かにする本を読めば
自分の人生を豊かにする方法がわかる」



これってよくよく考えたら
至極当たり前のことを言ってるんですけど、

当時人生に行き詰まってた私にとって
これほど脳天にピシャリとくる言葉はありませんでした。



そして驚くことに、
この理念を書いたブログ主自身、

ブログタイトル通りなんですが
私と同じように
最初から本が好きだったという訳ではなく、

むしろ元はまったくの読書嫌いだったのです。


この方の転機となったのは
知り合いに連れて行かれた
「速読合宿」なるもので、

それが無理やり1日で73冊を読むという
トンデモイベントでした。


この方はそんな荒療治を経て、

読書嫌いな自分でも
たくさんの本を読めたことで自信につながり、
読書嫌いを克服したとのこと。



頭が痛くなるような力技とはいえ、


私とまったく同じ
読書嫌いというスタートから
1日で人はここまで変われるのか!


と、読んだ当時は
ものすごい衝撃が走ったことを覚えています。



このブログを書いた人は

本を読むことで自信をつけたし、
読書で人生を豊かにしている。


もしかしたらこんな私でも、読書を通して
いまの人生を切り開けるかもしれない・・・。


と希望が見え始めたことで、

少しづつブログを読み進め…


気がつけば
次の記事、次の記事と
ブログ記事に釘付け状態、



どうやったら私も読書が楽しくなるんだろう・・・。

この人が紹介する本って面白そう・・・。

この知識あったら人生勝ち組になれる・・・?


と、私は一晩中めり込み、


結局その日はブログ記事を読み漁って
朝を迎えました。


たった1冊の本を読み切ってから人生が変わった話


朝までブログを読み漁ることで
私のなかで、ある欲求が生まれていました。



「一度でもいいから本を読み切ってみたい!」



ブログに触発された形ではありますが、

そこには未だかつてなく
脳が知識に飢える感覚がありました。


当時は行動力がまったくなく

刺激的な人生とは程遠い、
つまらない毎日を送っていた私にとって、

読書が魅力的に思えることは
かなりの異常事態でした。


それが

「読書をしてみる」

という

通常では考えられなかった
非日常に手を伸ばす
きっかけになったのかもしれません。



とにかく、このブログに書いてあるような
面白そうな体験をしてみたい!

と直感的に感じたのですが、
私はあまりに飽きっぽい性格なので、

この勢いを止めちゃいけない!

と思い立ち、


急いでブログ内でレビューされていた
一冊の本をAmazonで購入、

早速、配達された次の日に読んでみることに。



読書中、邪魔が入らないように
朝から電車で最寄りのスタバへ移動して、

コーヒーをお供にリュックを開けて
本を取り出します。


その本はガチガチの心理学の本で
ページ数がとんでもなく分厚く、

正直、デカデカと書かれた
本のタイトルを見ただけで
私のやる気は挫けそうになりました。


でもブログのレビューでは
面白そうだったんだから
きっと私が読んでも面白いはずだ・・・

と、根拠のない自信を持って本を開き始めます。



それからは長い時間、
時折コーヒーをすすりながら

額に汗をかき、

眠気と戦い、

昼食を抜いて、


何度も何度も座る姿勢を変えて、
途中で難しい言葉にめげそうになりながらも
机に突っ伏して文字の羅列を目で追っていきました。

(当時のスタバには申し訳なかったです汗)



そしてスタバ開店の朝9時から読み始め、
途中トイレ休憩を挟みつつ
完読までに約12時間。

読み終わったのが夜の21時。

引くほど分厚い本を、
ほぼ丸1日かけて
気合いで読み切ることができたのです。



あとがきの最後の一文字を読み終わったあとの
グッタリとした疲労感と
マヒっぷりったらありません。


文字を読む経験が
皆無だった私にとって

丸一日も集中して
一冊の本を読み切るなど
並大抵のことではなく、

相当身体にこたえました。


こめかみがガンガン痛くなるし、
目はシパシパするし、
肩だってバッキバキです。



ですが、それとは反対に
私は今までになく
自分に自信を感じていました。


なぜならすぐに、
たった1日、たった1冊で
自分の脳みそが大幅にレベルアップと気がついたからです。


1日前の自分の脳みそと、
1日経ったあとの自分の脳みそを比べてみると、
心理学に関する専門的な知識が
ほんのちょっとインストールされた状態に。



すると効果は帰りの電車ですぐに現れました。



たとえば、電車広告を見たときも
その広告がどんな心理的効果を狙っているのか分析できたり、
ときたま乗車してくるお客さんの仕草をみるだけで
なにを期待しているかが予測がつくようになったり、



さっきまで他人事だと思っていた学問が、
いまでは実際に使える「実学」に変わっていったのです。



知識があるだけで
目に入ってくる情報も、
考えることもこんなに違う。


1日前とぜんぜん違う世界で楽しい!



短時間で世界が大きく逆転したことによって、
もっと読めば、日常で心理学を実用できるんだろな。
と思うと気分が上がってしょうがなかったです。


この時の高揚感は小学生の頃の
初めて自転車に乗れた時の感覚に
よく似ていたと思います。



だから速読を極めたい、広めたい


ここまでが、私が読書に目覚めるまでの簡単なストーリーです。


本を読み始めてまだまだ日は浅いですが、
これからも本を読むことで
自分のできることをどんどん広げていきたいと思っています。




で、ここで声を大にして言いたいんですけど、



どん底から一変して
自分の将来を真面目に考えはじめたり、
何かに興味を持って勉強しはじめたり、



どんなに長いあいだ勉強嫌いでも、


ほんのちょっとの期間、
正しい読書方法を学んで
1冊の本を読み切るだけでも
自分の人生の目線を大きく逆転させることは可能です。




旅をせず、無理して人に会わず、
何か劇的な経験をしようとしなくても、


「文章を読む」ことができるだけで
自分の人生は変えることはできます。



本当にこんなに素晴らしい技術はないと思います。



いつかの私と同じように、


本を読んでみたいけど読み切る自信がない人、
活字が嫌いな人、
いままで読書で失敗して大切な時間を失ってきた人たちにとって、
今この時代はとても大きなチャンスです。



今は昔と比べて


重ねられた歴史、
解明された謎、
そして新たに生まれた謎が
日に日に増えていっています。



そして本は先人たちが
数十年の時間をかけて得た知識を
わずかなコストだけで得ることができる
超時短のレベルアップアイテムなんです。



特に、現在の日本では
大学生の約半分は読書時間が0分だと言われています。



つまり、ほとんどの人が読書によるレベルアップの機会をフイにしています。



それがいま、水面下の見えないところで
学生たちに大きな影響を及ぼしていることをご存知でしょうか。



これ、本当にそうなんですけど
大学で一年後に大きく差が出る学生たちの成長スピードには
実はちゃんとした理由があります。



これは少しでも本を読み進めている学生と
本をまったく読まない学生では
一年後にはその差が大きく開いています。


たとえ一年間で読んだ本が一冊でも
一年後には脳みそに1冊分の差が開いていきます。


これでもし、一年で100冊の本を読んでいたとしたら
まったく本を読まない人と本を読む人では
100冊分の知識の差が広がります。



そりゃー、一緒に入学してから
ヨーイドンでスタートダッシュを切っても
一年後には学生同士の間で大きな差が開くわけです。



類稀なる才能とか、摩訶不思議な勉強法とか、
そんな複雑なことではありません。


単純に、大学の勉強に加えて
本を読んだ分だけ
実力の差が開いているだけです。



で、読書好きほど気づいている事実ですが、
私たちの住む国には本を読むことへのハードルがほぼありません。



私たちが暮らしている日本というのは
禁書や知識人の虐殺が行われる時代でもなく、
誰にでも平等に読書のチャンスが開かれている場所です。



本を買うお金がなかったら図書館に行けばいいし、
静かな環境でコーヒ飲みながら本が読みたいならノマドカフェもあるし、
遠方でも本を配達してくれるサービスは充実しているし、
部屋に本がかさばるのが嫌ならスマートフォンからアプリで読めばいい。




いまの日本で絶対に本が読めない環境はありません。
読みたいと思った時、すぐに本を読むことができます。



こんな十分にレベルアップの条件が揃った環境にいるにも関わらず
自分の可能性を育てることなく終わっていくのは悲しいことです。


能力を開花させず終わっていく人が多い今の日本の現状というのは
シンプルに社会的な損失だと思います。



そして、実はここまで書いてきた全てのことは
自分に対する戒めも含まれています。


私は一回きりの人生をレベルアップさせて
豊かな人生を築きたいし、


そのために、大学生というこのタイミングで
読書の重要さに気づいたことには
大きなチャンスを感じています。


読書家としてはまだまだヒヨッコだけど、
本気で読書を極めたいと思って、
毎日kindleで本を読んでいます。


本を読んでいくうちに、徐々に世界の見え方が変わっていく、
その些細な瞬間を体感するのが楽しくてたまりません。



早い人は、私より全然早い段階で
読書による人生のレバレッジをかけまくっていますが、


自分のペースで勉強することが許される大学生という時間で、
読書という超時短の
脳みそレバレッジ法を知ったということは、

のちの人生の多くの時間を
豊かに過ごせるということですから


あと数年遅かったら
いまより豊かに過ごせる時間が
もっと狭まったかもしれません。




そこに恐怖を感じたからこそ、
その気付きを私だけのものにしたくなかったです。


思い上がりだとしても、
やらないより、やるの精神で、


以前の私と同じように、
人生の豊かな時間を増やすチャンスをフイにしそうな
本を読まない多くの大学生を減らしたい。


正しい読書によって人生の豊かさと選択肢が手に入る、
今よりもっと将来チャンスを勝ち取れる若い人材を増やしたい。



だから、私はこのタイミングで
読書法を広める活動を始めたいと思いました。





で、なんで読書を手段に選んだのか?というと、
読書は人生を大きく変えることができるからです。


一見すると読書って
机に向かって、目で淡々と文字を追いかけるだけで、
体も動かさず、スマホも見れず、
地味な作業ですよね。


だからこそ、そう感じないだけで、
実は読書には人生を変える可能性を秘めています。


本を読む人はこの経験あると思うんですけど、
本から吸収した知識っていうのは
どんどん人生の武器に変わっていきます。


決して誇張して伝えたいとかじゃなくて、
私自身、その経験があるから自信を身につけましたし、
この経験は誰にでもできることだと思っています。



断言しますけど、読書を通して人は変わることができます。


だって、私がもともと
勉強嫌い・読書嫌いの落ちこぼれでした。


こんな私が読書で人生を変える経験したからこそ、
同じように悩んでいる人の力になれると思ったんです。




情報社会を生き抜くために必要な「読書法」



私は現在情報系の大学に在学しています。


プログラミング打ったり、数字とにらめっこしたり、
毎日大体そんなことをしてるんですが、



特に大学で力を入れて勉強しているのが


インターネット社会が生まれたことにより加速する情報社会の中、
どうやって人々は生きていくのか?という考察です。



便利な時代になった反面、不便になった事柄を調べたりします。


そんななか見えてくるのが、
「嘘の情報と本当の情報を見極められない問題」
というものです。



いまの時代、調べ物は検索エンジンを使えば
ほんの数分で答えが返ってくるし、


さらにいえば、
こっちからリアクションを起こさなくても
テレビ、SNS、YouTubeから
頼んでないのに勝手に情報が運ばれてくる時代になりました。


情報のスピードも、量も、発信の敷居も、
ひと昔前とネットのある今とでは全然違います。



だからこそ、嘘か本当かわからない情報が蔓延っていますし、
たとえ報道を通したメディアでも、

裏では信用できないと言われるほど
事実が公開されているかどうかが
わからなかったりします。



私もかつては嘘か本当かわからず
ただただテレビから入ってくる情報を
根拠なく盲信していた時期がありました。


母親から「テレビは絶対じゃないんだよ」という言葉を聞かされても
湯水のように浴びさせられる情報をただただ信じきり、
あとからまったくの嘘だと気づかされること何万回。



そんなことを繰り返していたら何が起こるかというと、
どんどん入ってくる情報を疑っていきます。


嘘か本当かなんて関係なくなってくるんですよね。
この世で絶対に信じられることなんてないんだ!と。


こうなると、人は入ってくる情報を拒絶していくので
社会的に見れば個人はどんどん危険な状態に入っていきます。



なぜかというと、人には知的好奇心というものがあるからです。


たとえば遠い原始の時代、
生まれたての人間の祖先たちがウホウホしてた頃は
どの木の実が食べれて、どの木の実が毒かなんて全然知りませんでした。



そこで人類は

「とりまコレ食えるか知りたいし、一旦食べてみようぜ」



と、知的好奇心で動いた人類と


「毒で死んだら最悪だわ。食べれるかわからんし食べんのやめとこうぜ」



と、知的好奇心を失った人類に分かれました。



結果的に生き延びた数が大きかったのは
知的好奇心に従った人類でした。



もちろん毒にあたって死んだ人類もいるんですけど、
当たったら当たったで、その後は
「この木の実は毒だから食べちゃダメ!」
っていう新たに得た情報を仲間に伝えることができたからです。


知的好奇心を失った人類は木の実で死ななかった代わりに
どの木の実が食べれて、どの木の実が毒か知ることもないので
一生木の実を口にすることなく、生存競争からリタイアしていきます。



知的好奇心の死んだ人類は自ずと地球から淘汰されていき、
知的好奇心に従って行動した人類は
経験から得た情報を子孫に伝えていくことによって
どんどん地球上の生存数を増やしていったんです。


こうして人類は知的好奇心をリレーでつなげていくことで
社会が発展していきました。



社会を発展させるには伝達が必要で、
伝達するには情報が必要で、
情報が得るには結果を必要で、
結果を得るのに必要なのが知的好奇心でした。



だからいまでも知的好奇心に動かされた研究者たちが
日々実験を繰り返して、結果を社会に反映させています。


知的好奇心のリレーは原始から現代にかけてずっと続いているんです。




この知的好奇心というのは
人間の大事に持っておかなきゃいけない器官の一つであり、


知的好奇心が嘘の情報で傷つき、
なおかつ勝手に入ってくる情報で満たされることで
機能が死んでいってしまいます。


そうなったとき、知的好奇心を失った社会は
目に見えて衰退していくことでしょう。



むしろ、社会なんて大きなスケールじゃなくても
「知りたい」という気持ちが消えた人間から
ひっそりと社会の中で死んでいってしまうのです。


情報の氾濫で真偽がわからなくなっている。
そんな現代社会だからこそ、
「知りたい」の気持ちを持っていることが
この社会を豊かに生きていく上で何より重要だと思っています。




そのために私は読書を勧めたいです。


読書によって知的好奇心は育ち、
知ることによって情報に溺れなくなり、
真偽がわかるからこそ、迷わずに行動ができるようになります。



実際に知的好奇心の死んだ私が
ブログに触発されて一冊でも本を読んだことで
世界を見る目が一変した経験がそうでした。


電車で何気なく吊るされた広告の裏を読めるようになったり、
人間の行動心理がほんのちょっとわかるようになっただけで
行動の選択基準がグッと洗練されたのです。


買い物だって以前より適切に選べるようになりましたし、
友達の心理を汲んで適切な気遣いをすることもできます。


結果として以前と同じ時間の流れなのに、
むかしでは考えられないくらい一分一秒の充実度が変わっていきました。




教養人が少ない世の中、
東京に住んでいると電車に乗る機会はそれなりにあります。


真顔でスマホ弄ってるお姉さん、
くたびれて眠っている学生、
虚ろな目でぼーっとしてるサラリーマン、
本を開いて静かに読んでいるおじさん、

いろんな人が電車に乗っています。



あと、一応私も大学生ですから
大学の友達とたまに話したりします。


彼氏の話とか、アルバイトの話とか、課題の話とか、


話題は様々ですけど
やっぱり一番話題に上がるのは「将来どうすんの?」という話です。



大体は「将来のことなんてわかんないよねー」で終わります。


でもほとんどの友人は安定した人生を望んでいます。


普通に就職して、出世して、結婚して、子供育てて…


人生をどう生きるかは人それぞれですから
安定するのが一番幸せ!って友人もいると思うんですが、
この話をする友人全員が満足そうな顔をしてる訳でもなく…


「それ以外に道がないから」


っていう理由で諦めがついた生き方を選ぶ人が多かったりします。


そういう人ほど、まるで大学生活を
「人生最後の楽しむ時間」のような空気で送ります。
たまに、死んだ目のまま楽しんでる人もいます。




その原因こそが、さきほど言ったように
「情報の氾濫で知的好奇心が死んだ」からです。



私はもうあんな抜け殻のような毎日に戻りたくはないですし、
いまよりももっと教養を持った楽しい人生を送りたい。


だから、本を読んで経験を積むことで
これからは自分の人生のために読書を極めていきますし、
私の周りにも知的好奇心溢れる魅力的な人が増えてほしい。


そう思って情報発信を始めました。



何度も言いますが、
もともとドン底だった私の人生は読書で変わりました。
そしてこれからも読書で人生を変えていきます。


その過程をブログに記していくので、
このブログを通して少しでも多くの人が
私と同じように変わってくれるならとても嬉しいです。




もしよければ私の発信する内容を読んで、読書の世界を覗いてみてください。
勉強した読書法なんかも発信していきます。


あと面白い本があったら紹介してくれたら嬉しいです。
本を一冊でも読んだら気軽に報告してくれるだけでもいいですし、
最高の読書スポットを見つけたなら、教えてくれると喜びます。





まとめると、このブログは


  • 読書によって人生は豊かに変えられる
  • 正しい読書法を使うことで行動基準を洗練させられる
  • 知的好奇心を養い、一緒に本を楽しめる人を作りたい




という思いで運営しています。


もちろん、それだけじゃなく
ぜひ一緒に頑張っていけたらうれしいです。


いつか友達や仲間って感じで読書会を開いたり、ご飯会をしたら楽しいと思っています。



一緒に正しい読書法を極めて、
今よりもっと人生のチャンスが掴める人が増えたら
きっと日本はより良い国に変われると思います。



それでは、これからもよろしくお願いします!

P.R.ぴんのすけの読書法オフィシャルメルマガ

ぴんのすけはブログとは別にメルマガもやってます。


私は現在、都内の某私立大学に通いながら
休みの日はカフェや図書館で
1日3冊〜5冊の本を読んでいます。

ですが私はもともと頭が良かったり本が好きだったわけではなく、

むしろ小さい頃から重度の勉強嫌いで
本なんて好きでもなんでもありませんでした。


そのせいで小学生の頃から
学校の成績が下落、

テスト赤点はまだ良い方で、
点数が1ケタ台もザラ。

完璧主義をこじらせて
性格も捻じ曲がり、

中学生の頃には
いじめ、不登校、家庭崩壊を経験。

周囲の大人からは

お姉ちゃんはこんなに出来るのに
なんでアンタは出来ないの!

と、

ことあるごとに姉妹で比較をされるなど、

頭の良さに関しては
ハンパないコンプレックスを持っていたほどです。


そんな私も大学生になったあと、
とある読書法と出会ってからは


ほんの少し本を読んだだけで


家族と面と向かって話す時間が増える、

大学の成績が上がる、

バイトの給料が上がる、、、


などなど。

精神的・経済的にも余裕が生まれ、

人生が少しずつ
明るい方へ向かうようになりました。


この経験から

『読書で人生を切り開く』ことが
いまの私の理念となり、

いまでは
読書でこれからの人生を変えたいと
本気で考えています。


そんな私の理念に基づいて、

私が学力ゼロの状態から
どうやって快適な読書ライフを
送れるようになったのか、

人生を変える読書法のコツを
実際の経験に基づいて
一冊の書籍にまとめてみました。


書籍には

  • 学力0の私が、本を一冊読んだだけで大学AO入試受験を突破した話
  • いますぐ使える成長速度を2倍にする読書戦略
  • 眠気に打ち勝ち、読書の質を爆上げする集中法


など、

ブログには書ききれないような
厳選した有料級の情報を詰め込んでいるので

下手したらKindleで読書法の本を買うより
かなり読み応えがあると思います。


もし人生を変える読書法に

興味があれば読んでみてください。


「人生を変える一冊目からの読書法」を読んでみる


メールアドレスを入力してから受け取れます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。


▼▼メルマガの登録はこちら▼▼


<学べる内容>

  • ぴんのすけが試してきた中で最も効果的な読書法とは?
  • 本を読むだけで人生が変わる魔法の正体とは?
  • 成功する人だけが知っている読書の必勝法とは?
  • 超初心者でも通用する長期繁栄の読書マインドとは?

もしこの記事が面白かったり役に立った!と思ったら
SNSで共有していただけると無茶苦茶よろこびます!
すぐ下のボタンから共有できます。

人気ブロクランキングに登録中!

応援クリックしていただけると励みになります! 読書日記ランキング
読書術
SNSでシェアしてくださると大変喜びます!
読書の力で人生逆転させる22年間勉強・読書嫌いだった大学生のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました